ラーソン・ジュールロゴ

ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社

モールディング・カスタムフレームの額縁専門商社

美しく飾る

アート作品や思い出の品を額装したら、それを効果的に飾って室内空間を彩りましょう。
美しく配置するためのポイントや、飾り方のコツをまとめました。

壁面の広さに合ったサイズの額装品を架ける。

せっかく特注額を誂えるのですから、作品にぴったり合ったサイズに仕立てるのはもちろん、飾る場所の広さも考えておきましょう。
作品の大きさは変わらなくても、額縁の太さやマット幅で額装品の大きさはある程度調整することができます。

家具の上の壁面に額装品を架けるときは、家具と額装品の調和にも気を配る

ソファやチェストなど、家具の上の壁面に額装品を飾ることは多いものです。
このとき、家具と額縁との間が離れ過ぎていると、ふたつがうまく調和しません。
一般的には15センチ程度の間隔が適当であると言われますが、額縁と家具の大きさ、壁の広さや高さを考慮してバランスの良い間隔を見つけてください。
また、華奢なデザインの家具の近くに重厚な額装品を飾ったり、大型家具のそばに小さな額装品を飾ったりするのはバランスが崩れるので避けましょう。

額装品は目の高さに架けるのが基本

鑑賞するために作品を飾るのですから、見やすい高さ=目の高さに架けるようにしましょう。
但し、室内では立ったり椅子や床に座ったりするので、目の高さは常に一定ではありません。
また、子供部屋では目の高さも低くなります。立って鑑賞する場合の基本の高さは150センチくらいです。

複数の額装品をまとめて飾る(グルーピング)

対になっている作品

対になった作品は、壁面スペースに合わせて横か縦に並べて飾る他、鏡や背の高い家具の両側に1枚ずつ配置することもできます。

内容が同じ・似ている作品

全く同じように額装した複数の作品は、整然と並べて架けるのが一般的です。
額と額とを等間隔に、格子状に並べます。
階段の壁面に飾る際は階段の角度に合わせて高さだけずらしていくと、とてもきれいに飾ることができます。

サイズも額装もばらばらの作品

サイズも額装もばらばらの作品をグルーピング(まとめ架け)するときは、色、サイズ、スタイル、質感などに気を配って全体のバランスを取りながら配置します。

このとき、額装品と同じ大きさに切った紙をマスキングテープなどで壁に貼り付けるとそれぞれの額装品を架ける位置を簡単に決めることができます。 好みの配置が決まったら紙をそのまま目印として壁に吊金具を取り付けて、額装品を架けた後に紙を破いて取り除きます。