ラーソン・ジュールロゴ

ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社

モールディング・カスタムフレームの額縁専門商社

ハングマン

航空機の機体にも使われる高品質のアルミで作られたクリート(突溝金具)です。
絵や鏡を壁にぴったりと、しかも付属の水平器を利用して完璧に水平に簡単に架けることができます。
壁の跡が目立ちにくい細釘が付属した「アパートメントハンガー」と、様々な素材の壁に取り付け可能なネジ「ウォールドッグ」が付属した「ハングマン・ヘビーデューティー」「ハングマン・ライト」があり、いずれも石膏ボードの中空壁にも対応しています。

セキュリティハンガー

ロック式のネジで作品を壁に固定することができるハンガーのキットです。
設置と取り外しには専用レンチが必要で、公共の場に作品を飾る場合などの盗難防止によく利用されます。
人やものがぶつかる可能性のある場所(子供部屋など)に作品を架ける際や地震の際の安全対策としてもお勧めできます。

ピクチャーパーフェクト

壁にぴったり、真っ直ぐ固定できる壁掛け金具
細釘を使用して、壁の穴が目立たず、スマートに架けられます。

絵の架け方の基本

架ける作品の重量に対して充分余裕を持った耐荷重の金具を選びましょう

取り付け方法や、壁・額の強度によっては、実際の耐荷重がメーカー公表の耐荷重より小さくなる可能性もあります。 耐荷重が大きすぎて問題になる、ということはありませんから、余裕を持った数値のものを使うようにすれば安心です。

温度・湿度の変化の激しい場所に作品を飾るのは避けましょう

額縁に使われている木やアクリルなどの素材は温度・湿度が変化すると膨張したり収縮したりします。
エアコンの吹き出し口の近くに作品を架けるのは、避けたほうが無難です。

湿度の高い場所に作品を飾るのは避けましょう

湿度の高い場所に額装品を飾ると、作品や額縁にカビが生えたり、額縁の表面が水滴で変質したり、ガラスやアクリルの表面に結露が生じたりする恐れがあります。
風呂場など湿度の高いところは作品を架けるのに適した場所ではありません。

直射日光の当たる場所に作品を飾るのは避けましょう

紫外線は作品を劣化させたり褪色させたりします。
どうしてもその場所に架けたい場合は、紫外線をカットするガラスやアクリルをお選びください。

安全のための定期点検をしましょう

吊金具が外れたりネジなどが緩んでいないか、額裏の紐に傷んでいる箇所があったり結び目が緩んでいないか、少なくとも年に一度は点検してください。
異常を見つけたら金具や紐を新しいものに交換してください。