ラーソン・ジュールロゴ

ラーソン・ジュール・ニッポン株式会社

モールディング・カスタムフレームの額縁専門商社

トゥルー・ビュー社について

1946年に「シカゴ・ダイヤル」として創業したトゥルービューは、もともとラジオのチューニング・ダイヤル盤のガラスを製造していました。 その後テレビ画面を生産するようになると、表面のぎらつきを抑えよりクリアな画像を映すことができるエッチング技術を初めて開発しました。 この低反射ガラスにより、トゥルービューは1970年に額縁業界に進出、映り込みが作品鑑賞の邪魔にならない画期的な額装用ガラスを提供し始めました。

今日では、トゥルービューのガラス・アクリル商品は、作品の美しさを引き立てると共に良好な保護環境を作り出す保存額装用グレージングの基準となり、 カスタムフレーミングから美術館・博物館などにおける作品保存用まで、世界中で幅広く利用されています。
トゥルービューは、この分野の先駆者でありリーダーとして、業界内に存在する最高品質の商品を提供しています。